RO水とは?赤ちゃんのミルク調乳には危険?

我が家では赤ちゃんのミルク作りは

RO水(ピュアウォーター、純水とも呼ばれます)

を使っていました。

 

なので今回は

 

RO水って何?

とか

体の小さな赤ちゃんにも安心安全なの?

 

という点について書いてみます(‘◇’)ゞ

 

RO水とは?安全?赤ちゃんに危険は?

 

RO水はいわゆる「純水」とほとんど同じものです。

(なので「純水」と呼ばれることもあります)

 

RO水の特徴は?「純水」と違いはあるのか?

などなど

以下に詳しく書いていきます◎

 

そもそも純水(ピュアウォーター)とは?

 

普通「水は腐るもの」と思いますよね。

ですが、本来、水そのものは全く腐るものではないのです。

 

ではなぜ「水が腐った」状態になるかと言うと、

実は水の中に存在する目に見えない有機物が腐っているのですね。

 

有機物がドロドロに腐ってしまうことにより

悪臭を発する「腐った水」になるわけです。

 

 

そして、腐敗の元となる有機物を全く含まない、

ピュアな水というものが存在します。

 

これが「純水」です。

 

いつまでも腐らず、不純物を含まない「ピュアな」状態の水。

「純水」は、血液やリンパ液の源ともなっている液体です。

 

RO水とは何?純水との違い?

水はそこに存在するだけで色々なもの

(例えば空気中に存在する気体なども)

を水自身に溶け込ませてしまいます。

 

私たちが利用する全ての水はもともと雨水ですが

雨水は空から落ちてくる間に色々なものを溶かし込みながら

地上に到達します。

 

(逆に言えば、雨水が空から落ちる最初の瞬間は純水に近い)

 

雨水が地層を通ることで浄化された「天然水」や

浄水場で浄水された「水道水」は

その過程でも色々な物質を溶かし込んでいるため

純水にはなりえません。

 

また、雨水として空から降ってくる間に空気中から溶けこむ

人体には不必要・有害な物質も

浄化しきれずに残っていたりします。

 

 

ですが、「ピュア」に限りなく近い状態の水を

ろ過の技術によって作りだすことは可能。

 

それが「RO水」です。

 

「ろ過技術によって作られた限りなく純水に近い水」なんですね。

 

RO水の水質と効果的な使いかた

RO水は、多くの場合、

「逆浸透」という方式で水道水をさらにろ過することによって作られますが

このろ過によって不純物がほとんど取り除かれています。

 

水道水に存在する有害・無害を問わず全ての不純物がない状態、

水分子以外の物質がほぼない状態です。

 

(水道水に存在する不純物についてはこちらの過去記事へ

 

このため以下のような特徴・性質があると言えます。

 

  • 無色透明で化学変化なども起こしにくい
  • マグネシウムやカルシウムなど硬度成分(ミネラル)が除去された軟水
  • 味や香りに影響を及ぼす成分がほぼ含まれないため、料理やお茶、コーヒーなどが美味しくできる
  • 赤ちゃんや子供にも安心して飲ませることができる

 

このような安全・美味しいという特徴があるため

業務用としても、宅配水や清涼飲料水、調理業界などに幅広く使われています。

 

 

で、このブログの趣旨でもある

「赤ちゃん・子どもに安心な水かどうか?」

という点ですが

 

RO水は、新生児赤ちゃんのミルクにも安心して使えます。(*´▽`*)

 

赤ちゃん・子どもにあまり摂取させたくない

人体に不要な物質(水道水に含まれる塩素やその他有害物質)

はもちろんのこと

 

人体に基本的には有益なミネラルですら、

量によっては赤ちゃんの未熟な内臓に負担となりますから

 

(ミネラルウォーターの注意点についても近々書きます)

 

これらがほぼ含まれない「RO水」は

赤ちゃんのミルク調乳に、「安心」どころか「うってつけ」というわけです( *´艸`)

 

ちなみに昨今心配されている放射性物質についても

逆浸透でろ過すると限りなくゼロにまで除去されます◎

 

RO水はどこで手に入る?購入できる?

そんなわけで、安心・安全なRO水。

我が家のミルク調乳にも使っていました。

 

では

RO水はどこで手に入れられるか?ですが

 

有料・無料の様々な手段で手に入ります。

 

これについても色々書くことありそうなのですが

長くなったので別記事にて(‘◇’)ゞ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<関連記事工事中:RO水のお得・おすすめな入手方法!>

 

それぞれの手段にメリット・デメリットありますが

コストや手間や使用量に応じて

ご自身の一番使い勝手のいい方法で入手されて

 

ぜひ使ってみてほしいと思います◎

 

特に赤ちゃん・小さいお子さんのいるご家庭は

RO水、私はおすすめです(≧▽≦)

 

 

今回はここまで♪

RO水って何?と思っていた方の参考になれば嬉しいです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ